診療科目・部門

HOME >> 診療科目・部門:整形外科・整形理学療法・運動器 リハビリテーション

整形外科・整形理学療法・運動器リハビリテーション

診療時間・休診日

  • なるべく短い期間、少しの薬、できることなら手術しないで治療への方向づけをするよう努力します。
  • 仕事をしながら、学びながら、スポーツをしながら治療が進められるよう考えます。
  • 残存能力・代償機能の強化〜二次障害・廃用萎縮の予防〜傷害・障害部分の自然治癒の促進を基調とした治療方法を行います。
  • 医学的理論を基調・根拠とした多様な方法・手技を駆使し一番適した治療方法を選択します。(運動療法・装具療法・物理療法・各種徒手療法・テーピング・薬物療法・注射療法・手術等)

運動器における四肢体幹の疾患障害を診療します。

次にあげる診療部で治療をしています。

生活の質向上診療部

生活の質向上診療部では運動器官の疾病や障害の改善を行います。健康上問題がある対象者の潜在する運動能力を最大限に発揮し、家事・仕事・学業・スポーツなど日常生活の活動を高め、社会への参加を可能にする事を目的としています。

健康寿命延長診療部

健康寿命延長診療部では高齢者を対象に元気で、介護なしで健康に暮らせる期間を延長していただくために運動器リハビリテーションを行っています。高齢者の状態に応じて、骨関節疾患の予防と治療、 廃用性症候群の対策などを行います。評価に基づいた計画的な提供をしています。
運動器不安定症、ロコモティブシンドロームの治療を行います。

ページのトップへ↑